File No.091 壺猫大明神教団

ESCOAD File No. 091 壺猫大明神教団
組織報告書
12月7日

教祖: 文悟郎(現在は四代目)

昨年2月に発生したバレンタインテロ事件以降は、ESCOAD一課にて暮らす。夜間は同課職員である井原祐子の自宅アパートに寝泊まりしている。

開祖: 佐久間強悟(現在は都内虎ノ猫総合病院にて病気療養中)

信者:

 2月の事件以降、同教団は解散させられた。
解散後も検挙および集団的危険行動の見られる組織として当局及び公調の監視下に置かれている。だが教団組織にいた出家信者、それも重篤な洗脳被害者以外は当局の管理下には置かれていない事が判明。
所謂、隠れ信者がどれほど存在しているのかは、表公調の管轄だが、情報は共有されておらず詳細は不明。

教義:

 母なる胎内にも似た壺に、教祖である初代文悟郎(享年15才)様がお篭もりになってから数日の後。狭きその空間を全宇宙に喩え暗黒の中より外界を望まれ悟りを開かれた。
真の幸福は壺猫にありと、我らが信者を救うべくその光を授けなされたありがた――いお姿を崇拝すべしとされる。

経典: 壺猫大明神 真理経三部
「壺猫大明神 壺猫大明神 我魚食鮭魚 横取魚旨美……」

宗教行事: 毎朝の壺猫体操(ヨガに近いらしい)
壺猫だんす――盆の時期に行われる

特記事項) ―5月26日分
開祖、佐久間について:
開祖佐久間は引き続き療養中。当人及び担当医師と接触したが、簡単な会話・対話においては支障が見られなくなった。
近日の内には警察からの正式な捜査協力へも対応が可能との見通し。引き続き、監視を継続する。

 信者間には教祖への執着があるらしい。ネットに出回った怪情報のせいなのかは不明だが、ここ数週間の間に再び壺猫と思しきイラストを散見するようになった。

 松振組が目を付ける以前の同組織は、危険性の極めて低い老人福祉施設における茶会だったこともあり、現時点におけるテロなどの脅威を生み出す可能性は低いと思われるが、元メンバーだった轟が現在の首相になっている点を考えれば我々が完全に監視体制を解除するのは得策ではないと考える。
2月の事件がもたらした甚大な被害を思えば、油断はすべきではない。

 よって、調査の続行を強く希望します。

提出: ESCOAD一課
BTID0362 高見勇次

参考書類(添付): 壺猫大明神護符

tsuboneko

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

きんどう

kindou.info は 電子書籍のセール・新刊・キャンペーンのニュースサイトです

Kindle速報

Kindleの自費出版のヒント、ニュースなどAmazonの電子書籍、動画など広大なサービスを利用できるKindleの魅力を探ります。継続的なチュートリアル、あまり知られていない機能の紹介や、Kindleのモデルとその競合企業に関する最新の情報なども掲載します。質問やタレコミなど大歓迎です。ただ、日本でのサービス開始までアイドリング運転です。

白兎ワークス

文章クリエイター・晴海まどかの公式サイト

The Life and Times of Carson V. Heady

Just another WordPress.com site

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。