南相馬ファクトリー / 3月11日

投稿日:

3月11日。

この日を忘れることはない、と心に刻む一日が一年の内にいくつあるでしょうか。

記念日、誕生日、いろんな一日が365日の中にはあります。

同時多発テロが発生した9月11日とそして、今日この日。

物書きもどきでありがながら、とても言葉に詰まるんですが……言い表しようのない記憶の一日です。

この日。

揺れの中にいながら、画面の向こうに悲劇が起きるのを見ていました。

リアルタイムで流れる映像は、鮮明に、起こるままを克明に伝えていました。

手を伸ばしても届かない、けれど現実としてそこにあったのです。

―――

一昨年、ESCOAD NY001シリーズのファイナル発売を記念して、缶バッジを製作しました。例の壺猫の、アレです(笑

喜んで受け取って頂けた方、ありがとうございます。

しょーがねーなーって苦笑いで受け取られた方、ありがとうございます。いえその、絵がね、お粗末なだけで缶バッジそのものに非はないんでございますよ。

そして昨年も02シリーズに登場するチャーミングハートと新ロゴとなった壺猫教団の缶バッジを製作いたしました。

エブリスタでの作家会議後に、その場にいらした皆様にプレゼントさせていただいたあの缶バッジです。

裏面には、ひまわりの種が二粒、そしてメッセージ。

この缶バッジは、南相馬ファクトリーさんで作っていただいたものです。

http://www.minamisoma-factory.com/

東日本大震災からの復興プロジェクトとしてスタートした、南相馬の7箇所と楢葉町の一箇所の作業所で製作されている復興支援缶バッジです。

オリジナルの缶バッジ製作やグッズもあり、多くのアーティストさんや企業さんが、製作を依頼されているご様子。

おお、かわいい。

個人的にはくるみちゃんシリーズが好きです。

作家の皆様も、イベント時にどうですか、おひとつ?

南相馬ファクトリーさんは、スタッフのみなさまがとにかく暖かい。

缶バッジ製作時のメールでのやり取りもなんとも楽しくて、本当に優しい雰囲気が伝わってきます。

きっと、缶バッジが最初に繋ぐのは「あ、かわいいね」や「(イベント・プレゼントなどで)もらえるならもらおっかな」そんな小さなご縁です。

けれど、その小さな一つ一つが、住んでいる場所の距離も環境の違いも関係なく、多くの人の心を繋いでいることを改めて知りました。

心は人の心が繋ぐのだなあ。

強烈な印象を与えるニュースやメディア、センセーショナルなものは一瞬にして人の心を掴むことが可能です。

ですが、いつまでも心にぬくもりを宿すのは、真から伝えられた想いではないかなぁ、と思います。

どんなに小さなものでも。

真心、まごころと書くそのまま。

点と点を結ぶ線が、絆を作り、線が広がり輪になる。

それはとても、あたたかい。

人が作る絆です。

この絆が作る輪が、もっともっと大きく成長することを心から願います。

IMG_9094

南相馬ファクトリー さんはこちら↓

HP: http://www.minamisoma-factory.com/

Twitter:@join_msfc

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中