出戻りちよこ&逃亡からの帰還報告:3月24日

へいへいへいがーるっ☆

あ、どうも。相変わらずの酒飲みです。

Twitterに戻ってきたよ、えへへへ。

と、早速昨夜から遊んでくださってる皆様、ありがとうございます。

まずは戻ってきたよ報告ですね。

① 逃亡中、なにしてた?

答え:

病んでました。

え。

いやもー、マジです。

執筆に集中したかったんです。それはもう、本当。だけど、どうにもそれが出来なかった。

病んでたからですね。えっと、どっか身体がって……うーん。わけではないようで、すね。確かに元からあるアレルギーは環境により悪化してます、が。これは然るべき治療や環境改善でいくらでも治るものでしてね。ええ。

実際に病んでたのは、心でございます。(こっから結構なマジモードなんで、興味のない方はすっとばしておくんなさいよ)

鬱やその他の病名が付くような深刻なものじゃなく、なんていうんですか、丁度花粉症っぽいかなー?程度のものなんでしょうけども。

発生する出来事の全てをマイナスに変換してしまうフィルタが頭に備わってしまった、というか。もしかすると元より存在していたフィルタが諸条件が整い引き出してしまった、というのか。

医者じゃないのでその辺はよくわかりません。

が、症状としては明らかだったのだと思います。

例えば、友人に会ってランチをする。ふとした瞬間に友人の視線が腕時計を見る。普通だったら、「ああそろそろランチタイムが終わるな」って思うくらいのもんですよね。

ですが、このマイナスフィルタを装備してしまうと、この何気ない友人の仕草が「彼女は帰りたそうにしている」→「そういえば今日のランチもあんまり乗り気じゃなかったのかも」→「きっと彼女は私を嫌いに違いない」と、まあこれは極端な例ですが、仕組みは似たようなものです。

このフィルタになんて名前があるかワカリマセンが、気付かせてくれたのは友人でございました。ええもう、特にその筆頭株である友人などは酷く荒療治で殴り倒さんばかりの愛の鞭を連打頂きまして、ようやく……

「あれ? なんかおかしいわい」

と気付きましたね。あははははは。

そこまでゆくのに連日の何時間にも及ぶ対話と会話と、乱暴だけども暑いじゃないや熱い友情のおかげでですね、よーうやく思考が平常に戻りました。

ほんま、すみませんでした。

心の友よ、ありがとう。ほんとうに。

TL見るのも、怖かったんです。細かい理由は前回のブログで書いてるんですが、ベースにあったのはこの頭の靄というか、フィルタですね。

一月のオーバードース(?)も、実はこのフィルタが原因として加速させていたかもしれません。(薬物アレルギーは事実なので、完全にメンタルだけが原因じゃないですが)

フィルタかかった理由は、うーん。色々ですが、悪いタイミングで全ての条件が揃ったのだ、と思います。自分自身を含めて誰かのせいにはしたくないし、かといって完全に何もかもが無実なわけではない。

けど、せっかくこのブログに書くんだし…と、もしも誰か、どこが悪いってわけじゃないけど…なんだか気分が優れない、何をしても気分が少し暗い、うれしい事を嬉しいと思えない、っていう人の役に立つなら以下にええ感じの緩和方法を書いてみます。(自己流ですから、起きれない&家族や近い人と会話ができないほど気分が悪い場合はどうぞお医者様へ)

② 自分に聞いてみた。

1.些細なことでいいんですけど、嫌な気分になった時の状況を「いつ、なにしてるとき、(だれといるとき)」って簡単に書き出す。

例)ランチタイムに 友達が時計を見たとき

2.「どう思った。そしてどんな気分になった」を書き出して見た。

例)友達は帰りたいのだと思った。悲しくなった。

3.2.が正しいって裏付ける証拠は?と聞いてみる。

これ、当たり前のことなんですけども、フィルタかかってると何も事実が見えないんです。挙げ句の果てには友人や家族、近しい人からの助け船にも気づけないどころか邪魔、もしくは攻撃されているようにすら感じてしまう。

私も最初、友人の言葉がとても酷い言葉に聞こえました。それでも(物理的にではないけども)ぶん殴り続けてくれた友に感謝でござるよ。おかげでまた笑えるし、書ける状態になれたよ。そして、もう一人。

大事な人がおらを連れ戻してくれました。それは…

③ 家族の存在。

Twitterでちらっと言ったけども、おらには家族がいるよ。

初期からのフォロワーさんたちは御存知だけども、ここ一年くらいのフォロワーさんは知らないかも。世間でいうところのシングルマザーってやつです。

もしも元旦那がここを見てたら、一言。(ついでだから)

「養育費を、(いいかげんそろそろ)払えよ――――っ!」

それしか言いたい事はござらん。が、二年前からシングルママでございます。まー色々となんやらかんやらと大変ですが、楽しく日々を重ねております。

友人全般に男運の悪さでは定評のあるワタクシでございますが、我が子はその点大変にしっかりしておりまして、自分のパパは自分で選ぶと豪語しております。はい。

子供ってのは、本当に正直です。

いらないものは、いらない。

はっきりしてますね。

今回、病んでた私を引き上げたのは、友人達と娘の言葉でした。

大事なひとを、大事にしよう。

そう改めて思いました。

 

病んでる自分を認めたくなくて、書いた小説もあります。なんとか仕上げた、というか本当に吐きそうになりながら書きたくないのに書いたという感じのそれは、恐らくいずれは大修正大会を開催することになるのだと思います。

もしも、これを読んだあなたが。

誰かから差し伸べられた手すらも煩わしく思うなら。

少し立ち止まって、もう一度読み返してみてください。

ただ余裕がないのではなく、それは

見えなくなっているのかもしれません。

心にかかる雲が、靄が、晴れる日がきますように。

④ ってことでー!!新作告知!!☆(え

エロ有で送る大人の為のー「明るい家族計画レッスン(仮)」の連載をはじめまーっす(o´∀`o)エヘヘヘヘ

(永久少女どうした、ESCOADどうしたって声が聞こえそうですが、それらはそれらでちっさいちよこが夜中にコソコソと書いてくれるから大丈b……)

連載場所は、エブリスタとpixivで♡近日公開♡

これからも、よろしくね☆

 

ちよこ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

きんどう

kindou.info は 電子書籍のセール・新刊・キャンペーンのニュースサイトです

Kindle速報

Kindleの自費出版のヒント、ニュースなどAmazonの電子書籍、動画など広大なサービスを利用できるKindleの魅力を探ります。継続的なチュートリアル、あまり知られていない機能の紹介や、Kindleのモデルとその競合企業に関する最新の情報なども掲載します。質問やタレコミなど大歓迎です。ただ、日本でのサービス開始までアイドリング運転です。

白兎ワークス

文章クリエイター・晴海まどかの公式サイト

The Life and Times of Carson V. Heady

Just another WordPress.com site

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。