年末だよ一年を振り返ってみた&新連載と完結御礼☆彡

今年の執筆。

2月 ESCOAD02-4

4月 ネッシー教授の反逆

5月 ハカモリ心療所

6月 帝都ノ桜

7月 ESCOAD02-5

8月 ESCOAD02-6

9月 長編二本(非公開:いずれ公開)、+リンクブレイブ開始、シナリオ一本

10月 犯罪特区Cold Brain+ゲームシナリオ三本(うち一本はボツ)

11月ESCOAD03-1+ゲームシナリオ二本(うち一本はボツ)

12月 修正とUP←今ここ

 

書いたねー……いやー……書いたねー……

何を考えてんだ、って勢いで、書いたねー……

この語彙力がない言語力に乏しいと揶揄される自分ですが、文字数だけは稼いだ気がしますよ。あははっ

新連載「帝都ノ桜」

まあまずは、美麗な表紙をご覧あれ。

aFGFkznY

尾白画伯がすんごい気合で描いてくれたよ、おら出来上がったのを見て、びびったよ。思わず道路を悠々と歩いて横断するセキレイに敬礼したくなるくらい、びびったね。

あ、作品はこちら↓

「帝都ノ桜」

大正ロマン☆ミステリー!探偵令嬢は華麗に謎を解く   http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23878212

えーっと、とととまずは本作の説明から。

本作は化狗の外伝です。

化狗に登場した桜小路杏香という、財閥の一人娘かつ美少女、なのに闇の始末人という裏家業に足をどっぷり漬け込んだお嬢さんが、今回の主人公でございます。

杏香お嬢様は、フツ―に暮らしてたら何不自由なくお買い物三昧もできたし、観劇に旅行、お茶会と楽しく美しいものだけを見て暮らすことができたはず……なのですが。

なぜか、彼女はそうは生きない。

物語は「化狗」の一年前から始まります。そして、今作は化狗を全く知る必要はなく、読んでいただけます。

暇を持て余したご令嬢、というだけならきっと世の中には数多と存在しているのでしょうが、杏香という女性はなんとも強かです。

全てを見透かすような、強い瞳をもって、どこまでも我が道を貫いてしまう。

女ならではの柔らかい強さと若さゆえの真っすぐさが、物語の核になります。

大正ロマン、ミステリー&アクション。

銃を構えたフリルのお嬢様が、いろいろやらかします。

楽しんでいただければ、幸い。

そして、このお話を書いている最中、TLでふと見かけた素敵な女性のお話を。若手女優でアイドルの春乃美月さん。

強い瞳がとても印象的で、頭の中で杏香を動かすうえでものすごく、イメージにぴったりでした。

凛として、そして美しい。

いいですねえ、戦う乙女は美しい。

(いや、すみません。勝手な作者の脳内設定ですから。ファンのみなさま、あしからず……どきどき)

完結御礼「犯罪特区COLD BRAIN」

エブリスタで連載しておりました、犯罪特区COLD BRAINがついに、完結いたしました。

この短い期間のあいだに、たくさんの応援とスターと、ありがたいコメントをたくさんいただきました。

いやもう、レビューとかコメントとか、本当に涙がでました。

ありがとうございます。

この作品は、時系列でいうと最も最近に書いた物語です。

どうしても、書かなきゃならないと思い続けて来たテーマが根底にあります。人はいつ、ヒトになるのか。

PCL-R診断、いわゆるサイコパス診断で高得点を実際にマークしたサイコパスの診断結果を読み込みました。異能犯、異能者の心理を描くために、なわけですが……本当にしんどかった。

エブリスタには本当にお世話になり、なんとか多くの読者さんに楽しんでもらえる作品をと考えて来たのですが、なぜか構想したのはサイコパス刑事というなんか世間一般的にどうなのよそれ、っていう物体でございまして……すみません。

ああ、この辺はまたエブリスタのエッセイに書かねばですね。

構想に二年、と言って過言ではないです。ZEROを書いているときから考え続け問い続けて来ました。ついでに言うと、参考書だけで相当の貧乏になりました。

以前に化狗を書いたときに、魂を込めましたと書きましたが――――

犯罪特区COLD BRAINは、なんかもうわたしの一部になりました。

エブリスタの少年ジャンプ+賞に応募するために、書いた作品ですので、これからまだ最終締め切りまでは修正修正の嵐が吹き荒れます。(物語は完結していますが、表現などが若干変更する可能性はあります。ご了承ください)

もしもESCOADを書かなければ、コールドブレインは書けなかった。

これまでのどの話が抜けていても、この最新作にはたどり着けなかったと思います。

色々と程度が低いだの言葉が貧弱だのと言われながら、全てのネガティブ圧に耳を塞ぎつつ応援を頂いて、今日までみっともなくただただ書いてきて、本当によかったと思います。

描きたかった物語が、描けたよ。

そして、読んだ人に受け取ってもらえたよ。

うれしいなあ。

応援してくださる皆さま、物語を楽しんでくださる皆さま、奏ちよこってなにそれ知らないorくたばれな皆さま。

ありがとうございます。

さーって、酒でも飲もうっとー(うひゃ

 

1件のコメント 追加

  1. 草介 より:

    おつかれさまでございました
    再読いたします

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中