「銀の絆」と「ネッシー教授の反逆」連載スタート

投稿日:

どもども。

寒いですねぇ……この、滅多に雪なんざふりもしない山口にも積もりましたよ20センチ。

大喜びで6歳児が朝一に飛び出して行きましたけど、あまりの寒さに速攻で戻ってきてしまったのでなぜか私が一人で雪だるまもどきを作るに至りました。

なんなんですかね、作るつもりはなかったんですけど、とりあえず歩く道だけは確保するかーと雪をかき始めたらどこか変なスイッチが入ったみたいです。

気がついたら、目とか鼻になりそうなパーツを探してました。

ああもう言っても仕方ないほど寒いですが、そんな寒い中で二本ほどお話を連載スタートしております。

とは言っても、いずれも新作ではありません。

「銀の絆」はKindleですでに配信しておりますし、「ネッシー教授の反逆」の方はエブリスタで公開しております。

実を言うとネッシーの方は書いたことすらもどこか記憶が薄れがちだったのですが、先日友人が私のpixivページを発見して「ネッシー教授が気になるんだが」と言い始めた数日後に、いつも表紙でお世話になってる偽さんて名前の歩く鳥さんが「ネッシー(略)」の表紙をツイッターでつぶやいてくれてたのを見たわけです。

偽さんには色んな絵を描いてもらってるけど、このネッシーは異色でしたよね、だって想像で見たこともない生き物を描いてくれ、ってんですもん。個人的には描いてもらったネッシーはとても気に入ってます。

ま、てなわけで。

うっすら忘れそうになってたんですけども、この二つの出来事によりネッシーを追いかけたあの熱い一ヶ月を思い出しました。

ネス湖から琵琶湖、そして世界中の巨大水棲生物が目撃されたと言う湖という湖を駆け巡ったんですから!(脳内で

どっからどう見ても怪しげな表紙の超常現象だのUFOUMAそんな本ばかりを古本で入手しては、嬉しげに笑っていたんですから!(脳内…たぶん

嗚呼。

思い出したんですよ、ええ。残酷なほどにはっきりとね。

というわけで。思い出したからにはなんかしなきゃいけない気になるじゃないですか。

なるんです、というかなったんです。はい。

んで、そこにきてもう一つ気になったのが「小説家になろう」サイトのアカウントですな。

あるのはある、というかログインがなんだったかも忘却の彼方にありましてね。気にはなってたんですよ。

そう。気にはなっていたアカウントと、なんとかせにゃいけない話があるんだから、そりゃ連載しかあるまいよ。

というのがことの顛末です。はい。

こちらが、リンク。「ネッシー教授の反逆」

で、忘れ去っていたログインだのパスワードを復旧させてログイン、ネッシーを投稿したまでは良かったんです。

なんかそこにタイトルがもう一つあるのが目に入ったんですな。

それが「銀の絆」ですわい。なんと最終更新日時が2013年だったんだから驚き桃の木山椒は鼻に入ると辛いよね、です。

やっベー、とか思って焦りまくった私が想像できました? あら、優秀ですこと。ほほ。

えー、まあ、その、なんです。

だいたいそういうわけで、頑張って更新していこうと思います。

多分。

 

 

あ、なろうでの「銀の絆」リンクはこちら

(Kindle版は変わらずにありますよ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中