「デスマーチ」ITサポ戦線、離脱不可

投稿日:

その行く末を誰が想像しただろうか。

否、私たち自身でさえ、思いつきもしなかった。

……誰一人として

(「デスマーチ」ーITサポ戦線、離脱不可ーより)

 

サポートチームの優しいお姉さん的なポジション、篠崎さんのセリフです。

理不尽な要求に、タイミングの悪い状況が重なり、そしてどんどん追い詰められてゆくのがこの物語の主人公である5人の女性達です。

もちろんこのお話はフィクションです。

白鶴元刑事が興味を抱くような”事件”は実際には起きてはいません。

ですが、これは現実にいくらでも存在する状況に、ある一つの「もしも」を足しただけの物語なのです。

その「もしも」がなければ、お話は180度変わってしまっていたかもしれません。

リアルの人生もそうですよね、良くも悪くもある一つのきっかけが存在したおかげで、その後の運命がいずれかに決定的となってしまう。そんなことも、あるものです。

 

どうもこんばんは、シリアスモードでスタートしております、今夜のおばちゃんブログです。

昨夜(2月11日)の夜公演を観客の一人として観させていただき、そして更にミニ・トークショーへ演出家の武藤さんと登壇させていただきました。お会いできた皆様、ありがとうございました。

本当に、ひとつひとつの反応が嬉しいものでした。感謝感謝です。

 

「お芝居について」

 

もう、ね、

いろんな言葉が渦巻いて一言にもできないし、正直に言ってどこから言葉にしていいのかもわからないんです。お芝居は素晴らしかったんです。本当にどう言葉を尽くせば伝わるのかわからないくらいに。

ただ小劇場とか劇団とか演劇という活動にこれまで関わったことのない人間ですから、劇団と聞くと思わず想像してしまうのがガラスの仮面だったり月影先生……!! マヤ、なんておそろしい子……!! 紫のひt(規制

えー、はい。

まあその、なんです。

つまり今回のご縁を頂戴するまでは全くと言っていいほど演劇に触れる機会もなかった人生でしたから、観させていただいたお芝居の迫力、生の躍動感にまずは圧倒されました。普段これでも教壇に立っていたり時々生放送にも出させていただいたりで人前で話すことにはそこそこムダ毛の生えた心臓を持ち得ているはずなんですが、あの舞台を観た後は本気で真っ白になりました。

そんな風には見えなかった? あ、はい。酒を飲むときと同じで顔に出ない人間なんです。だもんで、これまでもこんなんどー考えても専門知識もないペーペーには無理だろ、みたいな現場に出されても平然とこなした(らしい)ですが……中身はもう、実はものッスーッゴイ心臓バックバクやし跳ねすぎて口から出てまうんじゃないかと思うくらいやばいんですよ。ええ。

出しませんけどね、はい。

つまり登壇した時は、一応は用意してきていたネタとか話そうと思っていたことが吹っ飛んだ状態だったわけです。すみません。一応なんとか自主的に脳のフリーズ状態を解除できたみたいで、なんとか稼働し始めたのは本当に幸いでした。

なんでまたそんなフリーズしちゃうほど……って、そりゃ。

あんな舞台を、自分が描いた物語の登場人物達が「そこに生きて」いる様を観てしまったら、あなた。

頭だってフリーズぐらいしますわよ。

 

 

あまり性能のよろしくない頭ですから、これまでにも何度も固まったことはありますが、

こんな幸せな原因は初めてかと思います。

いやもう、本当に。

何をどう言っても伝わらないかもしれないけど、これだけは言える。

二時間を費やす価値は、あります。私が書いた文字だけの物語だったらまー、時間があったらKindleで探してみてよー……くらいのもんだと思います。

が、ががががが、

これはもう、ちょっと観に行っときなさいよ!! まだ間に合うんだから!!

「仕事でストレスを抱える人々を説き伏せて回りたいレベル」でございます。

それも、ただのストレスじゃございません。

上司、クライアント、まーその辺の相手があるストレスでございます。

あんまり書くとネタバレになっちゃうからここら辺で留めておきますけれども!

 

原作者なのに笑ったし、ちょっと涙出たし!!!

(誰よりもよく知ってるはずの物語だったのに、おかしい。どう考えてもおかしい)

だってもう、どのキャラクターも描いたそのまんまなんだものさ。脳が混乱くらいするわさ。

そこへきて、武藤さんのこだわりまくった映像だの音響だのが拍車をかけるかける。アドリブもかなり面白いことになってるし……本当に、素敵すぎる。

 

だから、観て損はないっすよ!!

「デスマーチ」ITサポ戦線、離脱不可

残り、あと一回(2月13日昼)の上演です!

公演情報の詳細はhttp://shinwaza.com/11th/ まで!

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中